受験の歴史

受験とは何かと考えると、試験を受けることという単純な意味につながっていきます。問題に答えたり、実技をしたりすることで、評価判断を下され、入学や登用などの採否を決めることだといえるでしょう。 受験ということを試験という観点から見ていくと、出世という言葉に行き着きます。人よりも優れた教育を受けることで、人よりも高い地位にたどり着けるのではないかということです。日本でいえば、身分社会が出来上がっていた江戸時代のように、生まれた時点から階級組織が決まっていました。その中で、少しでも優れた教育をうけて、階級を上げていきたいといったことが学問を進化させていきます。そして、高い能力を持ったものが表れ始めた明治になると、単に階級の高い家庭から出たものを優れた地位におくのではなく、試験を受けさせ合格したものに与えるようになります。これが日本での受験の始まりといっていいでしょう。

こういった形は、日本以外でも存在します。中国では、随時代から科挙という登用試験が存在しました。こちらも才能のあるものを積極的に登用するという、社会制度改革から生まれたもので、真の時代まで続いていくことになります。生まれに関係なく、学識のみを基準とする試験で、幼少のころから教育を受けていなければまず合格できないほど厳しい試験でもありました。ですが、実際にそこまで完成されたシステムではなく、非常に費用がかさむことから、富裕層のみが受けられるものでもあったのです。さらに、システム的に完成度が高まり効力を発揮したとたん、新たな支配階級を作り出し、利権構造と腐敗構造まで作り出してしまっています。

受験の歴史を見ていくと、どこの国でも階級組織からの脱却ということがあり平等を実現させようといった形が見て取れます。しかし、複雑な受験制度やそこにかけるだけの資金力など、難しい問題とともに歩んできているのです。

~TOPIC~
受験をする際には塾やこちらのような家庭教師派遣サービスを利用する方が多いようです → 家庭教師

日本の受験の歴史

日本の学校教育における受験の歴史を考えていくと、明治時代にさかのぼります。近代化政策を進める中、西洋国家的な教育機関が必要となり、現在のような大学を頂点とするピラミッド構造が出来上がっていきました。そのすそ野は広く、一般市民へ平等・・・

欧州の受験の歴史

ヨーロッパの受験の歴史の中で、国際バカロレアというものがあります。日本でも取り入れられている学校も出てきました。1968年にできた財団法人で、スイスに本部があり、この組織が提供する教育プログラムや修了証明書を指してもいます。一般的に国・・・